日勤のみの仕事

医療の現場では、患者の容態は時や時間を選んでくれず、救急患者を受け入れる総合病院では、24時間体制のシステムがどうしても不可欠になります。
しかし、総合病院に勤務する看護師の仕事でも、外来を担当する看護師は夜勤などの勤務シフトに組まれることなく、日勤のみの勤務が可能です。
しかし、近年は看護師の人材が想像以上に不足している為か、病棟を受け持つ看護師の仕事でも、日勤のみをうたった求人が多くなされています。 その為、現在は夜勤勤務を専門とする夜勤専従の看護師求人が、とてつもなく高額で募集されています。
都心に限らず、地方でも、夜勤専従で一日に3万円以上の収入が得られるバイトが目立ちます。
賃金が高い分、きつい事もあります。ここで夜勤専従のメリット・デメリットを紹介します。⇒<<night-shift-nurse.com>>
しかし、一日の給料が3万円以上ともなると、男女の性別に限らず、余程仕事が限定的になります。
看護師の資格は、合格率が非常に高い国家資格です。 しっかり勉強して一生懸命実習に望めば高い確立で看護師の資格を取得できるので、受験資格を開放し、一旦社会に出た社会人からの転職を受け入れることで人材不足も多少緩和するかと思います。
その場合、試験内容を簡単にするのではなく、独学や通信教育で資格取得を目指せれば、看護師の資格を目指したいと考えている方は大変多くいます。
そうやって、新しい空気を入れてやることが、これからの社会保障費の削減になる筈です。

Leave a Reply