医歯薬系と夜勤

医歯薬系で夜勤があるのは医師のみですね。同じ医療業界でいえば、看護師にも夜勤があります。歯科医師や薬剤師は、基本的に夜勤がありません。
ただ、医師でもクリニックなど入院設備のない病院に勤務されている場合は基本的に夜勤はありませんが、最初からクリニック勤務の医師は少ないと思いますので、必ず夜勤の経験はあると思います。
夜勤の大変さは昼間のように必ず患者が来ると言う確信はなく、一晩何もない場合もあると言うことではないでしょうか。
仮眠を取る時間はありますので、そのまま待機で一晩を過ごすと言う日もあるのです。
何もないことは喜ばしいことですが、急患に備えて緊張はしている状態なので、仮眠中も熟睡は出来ていません。
そのおかげで逆に疲れが溜まることもあるので、夜勤前後の健康管理には気を遣います。
夜勤の場合、なるべく新人同士がペアになることはないようにシフトが組まれるため慌てることはないと思いますが、逆に急患が混み合った時が大変になります。
応援を呼ぶのか、救急車の受け入れを断るのかの判断はとても難しく、ベテランでも迷うこともあると現場を見ていて思います。
一瞬のためらいが患者を危険にさらすので、その判断を誤らないようにすることも医師や看護師の大事な仕事のひとつです。
夜勤では色々な患者が運ばれてくるため、専門外の患者を診る事もあります。
その場合は、患者の家族が不安にならないようしっかりと対話をしながら治療を進めることを前提に、必ず病院が始まったら専門医、またはかかりつけに再度診てもらえるように話すようにしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です